白金豚

忘れられない、味になる

一人ひとりのお客様にとっての、 一番でありたい。

岩手花巻の地で、そう願い続けて 辿りついたひとつの答えが『白金豚』です。

きめ細やかな繊維を持つ豚肉の、 優しい食感を楽しんでほしい。 口に含んで噛んだ時に広がる、 豊かな脂の旨味を味わってほしい。

奥羽山脈と北上山地の豊かな自然の中、 飼育配合から出荷までこだわりの一貫体制で まごころとともに 記憶に残る味をお届けします。

白金豚のこだわりと挑戦

地域発のブランドポークとして広めていくべく、 餌や環境にこだわって白金豚を育てています。
長年の培ってきた飼育技術に加え、 新しい取り組みにも積極的に取り入れています。

01 Pig breeds

品種は 三種の血統の 混じった LWB

白金豚は筋繊維がとてもきめ細かく、厚い脂の乗りが特徴です。肉質はやわらかく、肉味まろやかな仕上がり。

繁殖力と体力の強いランドレースと大ヨークシャーの混血種(LW)である母親のヘルシーですっきりした食味と、バークシャー(B)である父親の脂肪が厚く豊かな旨味を譲り受けています。

02 Initiatives for feed

国内では まだ少ない、 国産とうもろこしの 飼料

岩手県内の農家さんと協力し、飼料用とうもろこしを生産。その子実を取り出した「子実とうもろこし」で豚を育てる取り組みを始めました。現在までに、乾燥粉砕をはじめ、ホールクロップサイレージ化など様々に試行錯誤中です。

100%国産を目指すには道のりは遠いですが、食の安全への責任ある立場としてできることから着実に歩みを始めているところです。

02 Environment

美しい 自然の残る 岩手の育てた、 流麗な天然水

私たちの養豚場は奥羽山脈の麓と北上山地にあり、豚の飲用水として天然の地下水を使用しています。さらに、その湧き水を釜石で取れたミネラル群たっぷりの鉱石でろ過しています。豚たちは、生まれた時からこの極上の活性水を飲んで育ち、出荷されていきます。

※写真はイメージです

三つの直営農場で大切に育てています 2 site system

人間の赤ん坊と同じ様に、離乳期を迎えるころから母乳による免疫力が低下し始め、体が弱くなります。
その為、離乳期の間は、周囲に成豚のいない環境や、設備が整った「離乳舎」に入れて外界から守ってあげるという、
2サイトシステムを採用して育てています。
日々のこれら思いの積み重ねが、病気の少ない元気な成豚となり、豚肉の自然な味につながるのです。

写真 繁殖農場と肥育農場を分け、豚の管理も分離
写真 離乳舎で7週過ごした後、開放式の肥育舎へ移動
写真 適切な飼養頭数でのびのび育てます。

旨味が凝縮された脂身

白金豚の味の特徴は脂にあり、明らかに「旨味」が違います。 じっくりゆっくりと時間をかけて育った白金豚はロース芯が少し小さめながら、きめの細かいお肉の繊維の中にそなわっている旨味がしっかり入っています。 口に含んで噛んだ時に柔らかく、ジュワっと旨味が口の中に広がります。 白金豚の本当の美味しさを、より深くおわかりいただくために、脂身とお肉を是非一緒に味わってみてください。

お知らせ

TOP
トップ 白金豚とは 会社概要 お知らせ お問い合わせ