お陰様で高源グループ創業100周年(平成22年)

 社章は、昭和35年の全国募集最優秀作品 「高」の字を3つ組み合わせて高源グループ3社を表し、 「円満」「安定」「強さ」を表している。



明治43年 5月
大正13年10月
昭和 5年 5月
昭和10年10月
昭和25年 9月
昭和33年 5月
昭和33年 9月
昭和35年 2月
昭和35年 7月
昭和37年 9月



穀類加工製造販売業務「高源」創業
機械類販売と据付工事の開始
「合名会社高源商店」に組織変更し、機械部と精麦部の2部門確立
「高源商店」精麦部、精麦工場移転
「株式会社高源商店」に組織変更
「高源精麦株式会社」発足、精麦部の独立
「高源商店」機械部に加え、電機部開設
「高源電機株式会社」発足、電機部の独立
「(株)高源商店」社名変更、「高源機械株式会社」発足
配合飼料の販売開始

昭和39年 9月
昭和44年 8月
昭和46年 9月
昭和58年 5月
昭和59年 2月
昭和61年11月
平成 9年 4月
平成 9年 8月
平成12年11月
平成12年11月

  養豚部開設、「高源第一養豚場」建設
「有限会社高村畜産センター」設立
精肉部「高源ミート」開設
レストランポパイ開業
精肉部惣菜課開設、「高源ミート」から「高源食販」へ部署名変更
配合飼料用大型倉庫「高源精麦中根子倉庫」建設
「(有)高村畜産センター」子豚用新育成舎を新築
種豚舎及び分娩舎を改築
創業90周年記念感謝会、開催
「高源電気(株)」店舗、新築

平成13年 1月
平成14年 4月
平成16年11月
平成19年 4月
平成20年 5月
平成20年 8月
平成20年 9月
平成21年 7月
平成21年10月
平成23年 3月

  白金豚(はっきんとん)を商標登録
高源精麦(株)と「(有)高村畜産」経営統合
第一養豚場、高村畜産センター(第二養豚場)、増改築し環境法に対応する
居酒屋「源喜屋(げんきや)」を開業
社長・高橋靖忠、黄綬褒章を受章
白金豚プラチナポークを商標登録
高源機械(株)、(株)岩手県南クボタと合併し、「株式会社岩手クボタ」発足
高橋靖忠が代表路取締役会長に、高橋誠が代表取締役社長に就任
居酒屋「源喜屋」盛岡店がクロステラス盛岡の二階に開店
東日本大震災発生

平成23年 7月
平成25年 9月
平成25年10月
平成26年10月
平成26年 3月
平成27年 7月

  業界で初めて、放射性物質物質からの安全性を確認、ネット公開を実施
香港にむけて「白金豚」豚肉輸出を開始
国産子実トウモロコシの配合飼料への混合を開始
スマートフィーディング実証実験に参加「白金豚新星プロジェクト」
日本畜産物輸出促進協議会豚分科会幹事就任。香港でPR事業実施
香港フードエクスポ出展。日本豚ブースを代表担当する



<戻る>